本文へスキップ

テックサポートマネジメント有限会社は、製品/サービスの信頼性向上を支援します。

TEL. 044-328-7375

〒210-0855 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1

保全性予測(Maintainability Prediction)Windchill Quality Solutions

保全性分析のフレームワークを提供します

保全性予測は、保全性分析を実行するためのフレームワークを提供します。システムツリーの階層に、交換可能な各部品ごとの修理時間を定義した後、保全性予測が保全性にかかわる平均修理時間( MTTR= Mean Time To Repair)や稼働率等を含む多くのメンテナンス・パラメーターを自動的に計算します。
保全性予測は、保全性予測、Mil-HDBK-472のプロシージャ2、5A、および5Bのための一般に認められているスタンダードに基づきます。Relex保全性予測は、これら方法論を利用できるよう機能的なフレームワークで構成されています。
また、保全性予測とその他のモジュール間はシームレスに統合されています。システムツリーは、すべてのモジュールで共有します。したがって、システム内でのパラメーター変更は、すべてのモジュールに反映されます。例えば、保全性予測は、信頼度予測の計算結果に基づき、MTTR予測することが可能です。



特徴

  • すべてのWindhill QS /Relex製品同様、保全性予測のレポートには、多くのスタンダードレポートが含まれ、内蔵のレポートデザイナーを使うことによって完全にレポートをカスタマイズすることができます。
  • 保全性予測は、交換可能な部品に対して、直接に修理時間を、あるいはFault Detection and Isolation(FD&I)アウトプットを入力することが可能です。
  • サポートされているメンテナンス計算
  1. 平均修理時間( MTTR/Mean Time to Repair)
  2. アベイラビリティ (Availability)
  3. 一つの交換可能なアイテムへのパーセントアイソレーション(Percent Isolation to a Single Removable Item)
  4. グループ交換可能なアイテムへのパーセントパーセントアイソレーション(Percent Isolation to a Group of Removable Items)
  5. 修理当たりの平均メンテナンス時間(Mean Maintenance Manhours per Repair)
  6. メンテナンス活動当たりの平均メンテナンス時間(Mean Maintenance Manhours per Maintenance Action)
  7. 運営上の時間当たりの平均メンテナンス時間(Mean Maintenance Manhours per Operating Hour)
  8. フライト時間当たりの平均メンテナンス時間(Mean Maintenance Manhours per Flight Hour)
  9. シグマ百分位数のための最大限の事後保全時間(Maximum Corrective Maintenance Time for the Sigma Percentile)
  10. 平均の予防保守時間(Mean Preventive Maintenance Time)
  11. 平均の活動的な保全時間(Mean Active Maintenance Time)
  12. 平均の事後保全時間(Mean Corrective Maintenance Time)
  13. 保全性インデックス(Maintainability Index)

バナースペース

弊社取扱製品に関する、お問い合わせ、カタログ等は、下記までお願い申し上げます。

テックサポートマネジメント有限会社

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1-1 京浜ビル2階 

TEL 044-328-7375
e-mail: