本文へスキップ

テックサポートマネジメント有限会社は、製品/サービスの信頼性向上を支援します。

TEL. 044-328-7375

〒210-0855 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1

LCC (Life Cycle Cost)Windchill Quality Solutions

製品のライフサイクルコストを予測します

ライフサイクルコスト(LCC) 解析は、製品またはシステムがその寿命を終えるまでにかかる費用を計算するのに使用されます。設計、生産、保証、修理、廃棄など、すべての処理にかかる費用を含めることにより、LCC 解析は全システム費用を正確に評価します。システム設計フェーズでは、相当な費用が発生する前に最も経済的な対策を決定するうえで、LCC 解析は貴重です。また、既存システムの再設計とまったく新しいシステムの新規設計など、さまざまな代替案の費用を比較する優れた手段でもあります。LCC 解析では、インフレや貨幣の時間価値といった要因を考慮して現実的な費用計算を行います。LCC 解析は感度解析に利用して、システム費用に最も影響する変数を正確に特定することもできます。



特徴

  • 多くの費用変数(代替:alternative と 時間依存:time dependent variables)を定義することができます。トータルライフタイムコスト(total lifetime cost)、センシビリティ(sensitivity calculations )、及びNPV(Net Present Value)計算が可能です。
  • LCCを使用して、速く、容易に、製品のコスト解析が可能です.また、コストパラメータのカスタマイズも可能です。
  • 他のモジュールの情報は、自動的にLCCで共有できます。
  • 保証、および修理コストは、故障率に依存します。これは、コスト分析にて、故障率が利用できることは、とても助けになります。LCCは、故障率、MTBF、MTTR、信頼性、稼働率(availability)といった項目を、他のリレックスモジュールから自動的に引き継ぎLCCの計算に役立てます。
  • インフレ率を利用したオーバータイムインターバル(over time intervals)計算をサポートします。
  • 各種のコスト比較を可能にします
    センシビリティ(sensitivity)、およびNPV(Net Present Value)計算を提供します。

バナースペース

弊社取扱製品に関する、お問い合わせ、カタログ等は、下記までお願い申し上げます。

テックサポートマネジメント有限会社

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1-1 京浜ビル2階 

TEL 044-328-7375
e-mail: