本文へスキップ

テックサポートマネジメント有限会社は、製品/サービスの信頼性向上を支援します。

TEL. 044-328-7375

〒210-0855 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1

FTA(フォルトツリー解析)Windchill Quality Solutions

FTA好ましくない事象の発生原因の解析に大変重要です。

FTA(Fault Tree Analysis)は、信頼性又は安全性上、その発生が好ましくない事象(イベント)につて、論理記号(ANDやOR等)を用いて、その発生経路をさかのぼって樹形図に展開し、発生経路及び発生原因、発生確率を解析する技法として定義されます。
Relex FTAの利用で、簡単、便利に完成したフォルトツリーを作成し、正確な計算を実行することができます。マウスを使って、ゲート、イベント及びそれらのプロパティを割当てるだけで、どのイベントが最も好ましくないイベントを引き起こす可能性があることを簡単に解析することができます。


FTA画面例(ブルーのラインは、最小カットセットを表示)

FTA計算結果例

特徴

フォルトツリーの主要な利点の1つは、信頼度予測で計算された故障率を各イベントにリンクする事ができることです。さらに、FMEAから自動的に、フォルトツリーを作成することができます。 これは、視覚的にどの故障モードが最終結果に影響を及ぼすかを予測することを可能にします。
  • FTAのイベントに、確率の他、信頼度予測で計算した故障率等入力し解析可能です。
  • 最小カットセットの計算が簡単にでき、その経路を青色の線で表示します。
  • 共通原因故障もサポート。
  • 多くのゲート、およびイベントをビジュアルな環境で利用できるフレキシブルなインターフェースは、フォルトツリーの作成を高速化します。
  • 豊富なレポートとグラフで、解析結果をビジュアルに出力します。
  • FMEAの故障モードをトップイベントにして、フォルトツリーを自動作成します。
  • フォルトツリーには、イベント・ツリーが付属しており、フォルトツリーからのゲート、およびイベント・インフォメーションは、イベント・ツリーで自動的に共有可能です。

バナースペース

弊社取扱製品に関する、お問い合わせ、カタログ等は、下記までお願い申し上げます。

テックサポートマネジメント有限会社

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1-1 京浜ビル2階 

TEL 044-328-7375
e-mail: