本文へスキップ

テックサポートマネジメント有限会社は、製品/サービスの信頼性向上を支援します。

TEL. 044-328-7375

〒210-0855 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1

タカヤ製FPT(フライングプローブ・テスタ)との統合GOEPEL electronic
GOEPEL JTAGバウンダリスキャン・テスト CASCON SCANFLEX タカヤFPT

タカヤ製フライングプローブ・テスタ(FPT)と
GOEPEL JTAGバウンダリスキャン・テスタの統合

フライングプローブ・テスタ(Flying Probe tester/FPT)とJTAGバウンダリスキャンを統合することで、より広いテストカバレッジを獲得できます。GOEPEL社は、このエリアにおいて長い経験を有しており、主要なフライングプローブ・テスタ各社(Digitaltest社、Polar Instruments社、 Seica社、 Spea社及び Takaya社)と緊密に連携し、成功裡に統合を実現してまいりました。
フライングプローブ・テスタ(FPT)の問題点は、その実行速度にあります。JTAGバウンダリスキャンとFPTを組み合わせることによりテスト時間の削減とテストカバレッジの増大が可能です。

利点:
  • 統合による、テストの高速化
  • 高いフォルトカバレッジとテストカバレッジ、さらに非常に複雑なPCBにも対応
  • UUT(Unit Under Test/被試験製品)用に特定のアダプター/冶具が必要ありません
  • CASCONで自動でJTAGバウンダリスキャン・テストプログラム生成が可能

TAKAYA APT9400シリーズ中のJTAG/バウンダリスキャン統合例

SCANFLEX JTAG/バウンダリスキャン・ハードウェアは、タカヤ社製フライングプローブ・テスタ(FPT/Flying Probe Tester)のAPT9400シリーズを完全にサポートします。統合に必要なバウンダリスキャン・ハードウェアは、PCIコントローラー、TAPトランシーバーおよびI/OモジュールSFX-5704から成ります。コントローラーは、最大80MHzまでのデータ転送速度と4つの独立したTAPをサポートします。
JTAGバウンダリスキャン・テストとフラインプローブ・テスタ間のインタラクティブなテストを行なうことで、テストカバレッジの増大に加えて、経費削減および、マーケットへの製品供給の短縮化などのメリットを授受できます。
SYSTEM CASCONソフトウェアは、プローブのポジショニングを管理し、I/OモジュールSFX-5704の機能を使用して、信号レベルを測定します。APT 9400シリーズは、GOEPEL 社のCASCON GALAXYソフトウェアによって生成されたテストプログラムに対応しております。

TAKAYA APT9400シリーズの統合例SCANFLEXハードウェアとタカヤ製APT9400とのコンビネーション

統合に必要なハードウェア:
*コントローラーSFX/PCI1149
*TAPトランシーバーSFX-TAP4/CR
*I/OModule SFX-5704

統合に必要なソフトウェア:
タカヤAPT9400向けGASCON GALAXYソフトウェア



バナースペース

弊社取扱製品に関する、お問い合わせ、カタログ等は、下記までお願い申し上げます。

テックサポートマネジメント有限会社

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1-1 京浜ビル2階 

TEL 044-328-7375
e-mail: