本文へスキップ

テックサポートマネジメント有限会社は、製品/サービスの信頼性向上を支援します。

TEL. 044-328-7375

〒210-0855 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1

タカヤ製FPT用プログラム(CA9ファイル)の生成と最適化TestWay Express DFT(テスト容易化設計)支援ツール

Home DFT(テスト容易化設計) テストプログラム開発 Takaya_FPT ASTER社

タカヤ製 FPTプログラミングの最適化

使用方法は、とても簡単です、最初にCADデータ(レイアウト情報)や部品表(BOM)をTestWay EXPRESSに入力、ウイザードやグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)に沿って作業を進めるだけで、プローブアクセス可能ポイントの表示やテスタビリティ及びテストカバレッジの最適化/最大化や各種テスト戦略のプログラムの生成が可能です。又それに加えて、TestWaya Expressはフライングプローブテスト(FPT)+バウンダリスキャンテストのような統合されたテスト・プログラムも作成可能です。これにより、テストカバレッジの最適化と生産性の向上を実現します。 
  *CADデータのインポート
*BOMのインポート
*部品データ
*ネットリスト
*基準 & レファレンスポイント
*出力オプション
*最適化
*テストカバレー解析
*データエクスポート
*CA9プログラム生成
 インテリジェントな
プローブポジション最適化機能
テストの信頼性を向上
プローブの消耗と打痕を最小化
R4をテストする際、プローブを当てる行為が検査の信頼度に影響しますので、できるだけテスト中のコンポーネント上にプローブしたくありません。例として、恐らく、もし圧力が加えられれば、ドライ・ジョイントは現われません。この場合、明らかにR4の右手端に接続されたネット用のR3左手端上でプローブするでしょう。ハンダ・フィレの角度がテストのために最良の接触をするので、TestWay Expressは プローブへの最良の位置としてR5を選択するでしょう。
  自動的に最適なプローブの選択を行います。(Automatic probe usage restrictions)
*テストの信頼性を向上
*擬似的なエラーおよび無駄なフォルト発見時間を回避
*プローブの消耗と打痕を最小化
   ユーザ定義可能な試験クーポン・ルール(User definable Test Coupon rules.)
*デバックタイムの短縮
*テストタイムの短縮
TAKAYAのプログラムとバウンダリスキャンがカバーするテスト部分を最適化
デバック時間の短縮
テストカバレッジの増大
テスト時間の短縮
 
  デバックに先立ち、正確なテスタビリティリポートを出力
開発時間の短縮
テストビジネスの収益を拡大

解析が完了したら、希望のタカヤ製テスタ(APTXXXX)を選択して、Okを押すだけで、CA9フォーマットのテストプログラムを自動生成します。
  QuadViewを利用してデバック時間を短縮:
フォルトチケット、 回路図及びレイアウトを表示
すべての画面間の対話型のクロス・プロ―ビング
ショート回路サーチ・アシスタンス

バナースペース

弊社取扱製品に関する、お問い合わせ、カタログ等は、下記までお願い申し上げます。

テックサポートマネジメント有限会社

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1-1 京浜ビル2階 

TEL 044-328-7375
e-mail: